祝詞をはじめ和歌やオリジナル曲の言霊(ことたま)と、水晶の楽器クリスタルボウルの音霊 (おとたま)融合する

音の環(おとのわ)の世界は、八百万の神々に育まれた日本の気候風土にすっと溶け込み

幾重もの次元を超えて根源の記憶へと繋がっていくよう。

どこか懐かしくて、聴く人のDNAに呼びかけるようなニュージャンルサウンドです。

一音一音にスピリットが宿る言葉と、水晶の叡智が宿るクリスタルボウルの音に共鳴したとき

 

自然界や聖地に誘われたような安らぎを覚え、森羅万象の中で今ここにいる自分を心から感じることができるでしょう。

おとのわ

2013年9月結成

2016年3月1stアルバム「光明」発表

 

平和の祈りを捧げるセレモニーをライフワークとして各地で行っている、出口なお、王仁三郎の直系子孫の「出口春日」と

屋久杉玉磨きws、屋久島リトリートツアーを行うクリスタルボウル奏者「佐藤なーや」の、コラボユニット。

全国各地~北海道から沖縄に至るまでライブや奉納演奏、慰問演奏会を行う。

さらに海外では韓国(チェジュ島)、 アメリカ(セドナ、ロス、サンディエゴ)にて演奏を行い、日本らしいサウンドが好評を博す。

 

 

祝詞をはじめ和歌やオリジナル曲と、水晶で作られた楽器クリスタルボウルの深遠音からなる 音の環(おとのわ)は

言霊(ことたま)と音霊(おとたま)が融合され、聴く人のDNAに呼び掛けるような、どこか懐かしい究極の安らぎを与えます。

水面の波紋のように空間を満たしていく おとのわ独自のゆらぎ音は

八百万の神々に育まれた日本の気候風土にすっと溶け込み、聞く人の心身を自然界や聖地へと誘うかのよう。

一音一音にスピリットが宿るとされる言葉と、水晶の叡智が宿るクリスタルボウルの音の響きに耳を澄ませば

森羅万象と繋がって今ここにいる自分自身が感じられます。

 

異次元へ旅立つことのできるニュージャンルミュージックです。

おとのわ

「出口春日」

唄:祝詞:岩笛:土鈴:鈴

 

出口なおから六代目、高祖父に出口王仁三郎をもつ。 宗派を超えた祈り(デニス・バンク師との祈りのギャザリング、Jeju平和祭、王仁三郎とOSHOの月命日祭り、など)を行う他、

純国産シルクws、その他イベント開催。「街から」誌にて連載中。2014年よりクリスタルボウル奏者なーやとのユニット「おとのわ」として音楽活動を開始。

 

「なーや」
クリスタルボウル:ホーミー:シンギングボウル:

チャイム:勾玉シダーフルート

 

屋久島の水晶とのご縁から、クリスタルボウルの音を紡ぎだす。その水晶の音は水、空間、大地、生き物、全てのスピリットと共鳴し、壮大でありながらもマクロな「自然宇宙のシンフォニー」を奏で、国内外で活動中。
樹齢千年を超える屋久杉の流木を磨く「屋久杉玉磨きWS」では、千年杉の香りやそのフォルム、微細で力強い木のエネルギーを各地へ届けている。
屋久島では、五感、心、身体の解放をベースに、

自然、地球、宇宙と共鳴するリトリートツアーを開催。
また写真家として地球の命を撮り続ける。
アートフル舎 主宰。

おとのわPV ーYouTubeー 

なーやクリスタルボウルPV ーYouTubeー

discography

☆スマホやiphoneの設定によって、右上のLINKマークが表示されない場合があります。ページ最下部のサイトマップより詳細ページにアクセス下さい☆